水に溶けやすく即効性のあるED治療薬レビトラ

血管拡張物質に作用

レビトラは、ED治療薬としてバイアグラに続いて登場した医薬品です。
有効成分にはバルデナフィルを含有する新薬です。
バルデナフィルは、医薬品としてはPDE5型酵素の阻害薬にあたります。
PDE5型酵素阻害薬について知るためには、最初に男性の勃起現象について知っておく必要があります。
性的に刺激を受けたり興奮すると、男性の体内では一酸化窒素が放出されます。
すると一酸化窒素が誘因となって、血管拡張物質が陰茎の細胞内に大量に生成されます。
この血管拡張物質が作用し、海綿体内の動脈血管が拡張して圧が高まって血流がよくなると勃起が起きます。
一方、勃起現象が終わる時には体内酵素の一種が関係してきます。
この酵素がPDE5型酵素で、PDE5型酵素が働くと性器の細胞内で生成されている血管拡張物質が破壊されます。
その結果として陰茎の海綿体内の血管が弛緩して血流量も低下し、勃起が終わりになります。
ED治療薬レビトラの主成分であるバルデナフィルは、PDE5型酵素の作用をブロックする働きを持ちます。
そのためレビトラを服用することで勃起に必要な血管拡張物質が破壊されず、海綿体の血管の血流が維持されるので勃起現象が持続するのがED治療薬としての効果・効能です。
またバルデナフィルには、水に大変溶けやすいという特徴があります。
そのため、服用してから血中の有効成分の濃度が最高値に達するまでの時間が短く、即効性のあるED治療薬です。

血管拡張物質に作用レビトラの豆知識不能男は無価値